新聞折込の住所記載と固定電話

 

富澤です。

 

差出人が書いていない手紙が届いたら
あなたはどんな気持ちですか?

とても不気味に感じるのは僕だけでしょうか?

 

さて新聞折込にはこまかい規定があるようです。

さすが大企業・・・
面倒くさい話です。

しかし、この規定に従わないかぎり
折込みを入れ込んでくれません。

いくら大金を頬に叩きつけても
ルールで動く彼らには無意味かもしれません。

それほど徹底的にルールに従うのです。

 

つまり規定に反したチラシを作る限り
あなたの口座は減る一方です。

でも安心して下さい。

そこまで非道なルールは有りません。

 

チラシには住所記載

 

これは常識的なことです。

ネットでも法律で住所の表記とか厳しくなっているので
リアルビジネスは緩いということはありません。

住所はしっかり記載されていなければいけません。

ちなみに新聞社は一応、記載されている住所などを
しっかりと調べている様子です。

適当な住所を書くのも危険かもしれませんが、
レンタル住所なんかはどうなんでしょうか?

きっと大丈夫だと思います。
(分かりませんが・・・)

田舎ではレンタル住所もレンタルオフィスもありませんから
オープンに住所を書いていくしかありませんね。

あなたに、やましいことがなければ
住所を書きましょう。

やましいことがあるのであれば
僕が説教をしますので、メールを下さい。

曲がった性根を真っ直ぐにして
チラシに住所を書かせます。

 

固定電話が必須?

 

実は僕は固定電話がありました。

だからそれを使いました。

新聞折込はどうやら固定電話がないとダメなようです。

まぁ携帯電話だとどうしても胡散臭さは出てしまいます。

とは言え、反応率がゼロでは無いと思います。

携帯電話<固定電話<フリーダイヤル

の順で信用度が違うと思います。

 

自分でポスティングをしていく分には
携帯電話でも十分だと思っています。

今は固定電話の料金もそこまで高くないはずですし
買取りしていると電話機も結構でてきますので
コストは少なく開設出来ると思います。

 

いつも客観的に考えなければいけないな、、と
感じるのですが。

 

自分だったら、どんな所に買取を依頼するかな?

という点です。

やはりオフハウスとかは強いですよね。

あそこまでネームバリューがない私とあなたが
太刀打ちするにはコピー(チラシ)の力と
精一杯の信用が必要です。

 

僕なら携帯電話の会社にお願いをする
ということは絶対にありません。

こう感じているのは僕だけではないはずなので
当然ながら反応率は下がるはずです。

そうなるとチラシを多めに配る必要が出てきます。

そうすると経費がかかりますから、
どっちが安上がりなんだ?となってきます。

 

ちょっと余裕があるのなら固定を引いて
折込みをすぐにお願いできる状態にしておくのが
理想的かな~と思います。

 

 

このように新聞にはルールがありました。

お近くの新聞社の広告ルールをしっかりと
調べてからチラシを刷るほうが良いと思いますので
くれぐれも注意してくださいね。

 

ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。