利益に直結のポスティング業者の選び方とは

 

富澤です。

 

「頼むからあなたのサービスを受けさせてくれ」

せがむお客様が多ければ多いほどに
あなたは儲かると思いませんか?

儲かると言うと少し、
いやらしい表現になります。

 

しかし、あなたが誰にも恥じることのない
最高のサービスや商品を提供しているのであれば
多額の現金をもらうことも躊躇はしないはずです。

逆に値切るようなお客は願い下げだ
と選ぶ立場になるかもしれません。

 

さて買取りにおいての集客で
ポスティングは一つの集客ツールです。

自分で撒いていくというスタイルでは
どうしても限界が見えてくるのです。

それであれば業者に依頼をするのが
早い、ということになってきます。

 

ポスティングの大きなメリット

 

ポスティングを使うメリットはなんですか?

僕が思うに開封率の高さです。

新聞をとっている人は分かるかもしれませんが、
折込広告ってイチイチ見ますか?

 

僕はまるごとガサっとチラシをどかして
新聞の番組欄を見て
主要ニュースを見てお終いです。

 

これは僕の場合ですが、
実際のところはターゲットが高齢者や
お母さん世代なので、新聞折り込みは実は
チェックしています。

スーパーのセール品などを
チェックしているらしいのです。

新聞折り込みは他で触れますので
今回はポスティングに焦点を当てます。

 

ポスティングは基本的にはポストに
直接投函が原則になっています。

他の業者と一緒に配られる併配
自分のチラシだけで配られる単配

という配り方があります。

 

当然のことですが、
自分のチラシだけで配ったほうが反応率は
とても高くなるでしょう。

しかし、コスト的に単配をチョイスすることは
とても難しいかもしれません。

ですから併配で良いと思います。
それにしたって折込みよりは
目につく可能性が高いはずです。
コンマ数秒でもお客さんの目に触れて
読んでもらうことができれば行動を
誘発することが可能になります。

だからキャッチコピーとかチラシが
かなり重要になってくるのですが・・・

 

とにかくポスティングの方が
手間とコストはかかるものの
お客さんの目に触れる機会が多くなると思います。

 

実際のところの反応率

ポスティングはさらに配り方に種類があります。

それは次回に触れてみたいと思いますが、
反応率としては、そこまで際立っていいものでもありませんでした。

僕の地域では0.4~1%くらいの反応率でした。

(この数字は問い合わせだけ、冷やかしも含みました)

1%あったときはこれまた秘密がありますので
それは次回にでも・・・

 

新聞折り込みよりは反応が良いかもしれませんが
これは本当にどちらが良いというのは難しくて
地域やチラシの内容によって数字は逆転することもあります。

だからどちらか一本ということではなくて
ポスティングでこそ拾えるお客様
折込みだからこそ拾えるお客様

というのがあるということを
理解しておくと良いと思います。

 

広告はとても深いので
本で読んだ情報だけを鵜呑みにするのは
とても危険です。

何回か言っていますが
地域によってびっくりするほど
反応が違う場合があるんです。

 

だから決め付けは厳禁です。

 

利益直結のポスティングアクションプラン

 

それではスタートを切るために
ステップバイステップで解説します。

 

ステップ1:

業者をインターネットで探す
(地域名+ポスティング業者 などと検索すると結構HITします。)

 

ステップ2:

複数業者がでてきたら値段、サービス内容を
細かくチェックします。

(これを怠るとダメな業者にあたり
大切なお金を無に帰する結果となります。)

 

ステップ3:

めぼしい業者を選定して問い合わせる
(いきなり値切ったりは難しいかもしれませんので
長期的に使うことを匂わせて、後で交渉しても良いかもしれません。)

 

ステップ4:

まずは少ない枚数でターゲットが多く住んでいるエリアを依頼する
(僕は5,000枚から始めました。 そして新興住宅があるエリアは外しました。)

 

ステップ5:

KBシークレッツ秘伝の電話応対で
大半を有料客に変貌させアポにしていく。

 

このようなステップで進めましょう。

 

ポスティング業者に問い合わせると
最初は会って説明を聞くことになると思います。

あなたが会社まで訪問してもいいと思いますし
来てもらってもいいと思います。

僕は名刺交換ほど嫌いなものはないのですが
社会人のルールとして名刺を交換しました・・・

名刺の用意は必要かもしれません。

 

それでは『地域名+ポスティング業者』で検索を開始してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。