質の高い睡眠は収入を上げる

 

富澤です。

 

あなたは何時間寝ていますか?

最近、SLEEPという本を
読んだのですが興味深かったです。

私のイメージでは成功者は
ショートスリーパーである。

という印象を持っていました。

そこをいくと私はかなり寝る方で
8時間寝ないとダメです。

5時間しか寝れなかった日があると
「うわ〜寝不足だなぁ..
どっかで昼寝をはさみたいなぁ」
と思ってしまいます。

しかし、色々な方とお会いしていると
必ずしも成功者は短時間睡眠でも
ないということが分かります。

中には39歳なのに16時間も
寝るのが普通という強者の方もいました。

その方もコピーライターとして
数千万円の収入は得ています。

『成功するにはこうでなければいけない』
という誤った認識を持つのは
間違っているのかもしれない
と感じるようになりました。

読んだ本にも書いてあったのですが
テニスのフェデラー
ゴルフのミシェル・ウィー
などは毎晩10時間も寝るそうです。

それくらい身体の休息を
与えないとトレーニングが
身体に吸収されないそうです。

またアメリカの大学での実験では
被験者の睡眠時間を8時間以上に
することで変化が起きるのかを
研究したそうです。
(バスケ選手に対して)

その結果としては
ダッシュの時間、シュートの精度
などが劇的に向上したそうです。

また反応なども良くなり
集中力にも大きく変化が出たそうです。

ただ私たちは恐らく
スポーツ選手ではないので
一見して関係ないように思えます。

しかしながら集中力などは
かなり重要ですよね。

ちなみに寝不足の状態は
酒を飲んで酩酊している
状態と一緒なのだそうです。

一言で言えば眠たい状態で
質の高い仕事なんて無理です。

仕事よりもフカフカの
ダニがいない布団で寝たい
という欲求が勝つと思うのです。

睡眠一つとってみても
深いところで関係して
いるんだと思いました。

もちろん下積みのような
時期は寝る間も惜しんで
働くことも重要です。

ただそれを常に続けるのは
逆に集中力も失い効率が
悪くなってしまうかもしれません。

だからこそダラダラと仕事を
するのではなくタイムスケジュールを組んで
計画的に一日をデザインできたら
素晴らしいことだと思います。

特に朝に重要度の高い事を
完了させるのがオススメです。

夜に大事なことをしようとすると
パワーがでないことが多々あります。

仕事でのストレスや家庭でも
奥さんにグチグチと言われて
気分が落ち込んでしまったり..

それであればリセットされた
朝にやったほうがいいという
理論になります。

私も大事な作業は基本的に
午前に終わらせるようにしています。

午後からは優先度の低いことを
片付けていくような感じです。

ただ朝のチャンスタイムも
寝不足ではパワーが半減してしまいますよね。

だから充分な睡眠を取りましょう。

今日もありがとうございました。

 

富澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。