貧乏バイヤーと金持ちマーケッター

 

富澤です。

ぶち当たります。

「なんで儲からないんだろう」
「利益が少ない」

という壁がそのうち
大きく立ちはだかります。

それはすでに感じている方も
いらっしゃるかもしれません。

転売の場合は
他人が作った商品を仕入れ
それを売るという流れです。

この流れでも儲かりますが
早い段階で行き詰まります。

なぜなら競争が起きるからです。

価格競争です。

同じ商品を多くのセラーが扱い
同じ場所で売っているので
需要と供給のバランスが合いません。

競う部分は価格しか
ありませんので薄利で
回していくことが求められるのです。

アフィリエイターでも
同様のことが考えられます。

在庫を持たないし
一見して魅力的ですが
競合が多いです。

広告でもかけない限り
アクセスは稼ぎづらく
SEOで上位表示は骨が折れます。

いずれもダメ
ということではなくて
稼げるが魑魅魍魎としてます。

ゆくゆくは自分を商品とするか
自分が商品を作るかを
考えていったほうが楽です。

例えば、

転売の場合は
5万円もあれば自社ブランド
商品を作ることは可能です。

売れている商品に
ロゴを付けてパッケージを
自分で作って包装すれば
オリジナル商品の出来上がりです。

OEMとも言いますが、
ハードルが高そうに感じて
今の時代は簡単です。

ただ、売れている商品
にロゴを付けてという
流れですと完全なオリジナル
ではありません。

すでに売られている商品を
無理やりオリジナルにしただけです。

すでに同じ型の商品があるので
価格を高くして売れるのかは
テストが必要になります。

メリットとしては
競合がいなくなるという
メリットがあります。

日々、価格を安くするという
大きなジレンマに悩まされる
必要がなくなるのです。

さらにキャラクタービジネス
というものもあります。

コンサルやコーチング
教材販売です。

自分がうまくいった方法を
教えて稼がせてあげる。

その対価としてお金を
いただきます。

ビジネスだけでなくて
健康を教える、自己啓発、
ダイエットを教えるなど
無限に存在します。

youtuberなどもキャラクター
ビジネスの最たるものです。

これのいいところは
自分が商品(自分の商品)
在庫がない
というメリットです。

当然ですが価格競争はなく
あなたの言い値で売れます。

売れる売れないは別としても
値段の設定は自由です。

以前にアフィリエイターで
月に50万円が限界だったが
コンサルをオファーしてから
収入が月200万円になった

という方もいました。

他人の商品を売っていると
楽なことは楽なのですが
利幅が少ない、安定しない
など悩まされます。

しかし自分を商品とする、
自分で商品を作る
ということをすると
利幅も大きく、安定します。

下請け元請けも同じ原理
のように感じます。

私には大工の友人が
いるのですが完全に下請けで
仕事をしています。

仕事を振ってもらえる
メリットはありますが、
暇になると一気に
暇そうにしています。

月収が高い月もあれば
低い月もあるので
いつも不安そうにしています。

もう一人の解体工の友人は
バランス良くやっています。

下請けもするが
自分でチラシを撒いて
直で仕事も取っています。

「下請けをやらなくても
やっていけそうになってきた」
と話をしていました。

元請けと下請け
どちらが儲かるのか?

それは上流にいけば
上流にいくほど儲かります。

私たちはポジションを
なるべく上流にする努力を
することで儲かりやすく
なるのです。

どちらも一長一短ですし
簡単なことではありません。

しかし行き詰まった時に
突き抜けるには、自分が
下流から上流へと登って
いかないと打破できません。

そのためにスキルを磨いたり
知識を付けたりと、
やれることは多いです。

下積み時期と考えて
一緒に頑張っていきましょう。

富澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。