買取の無料集客ツールとは

 

富澤です。

 

完全に無料で優良客を獲得することが可能だ
と言い切ったら、あなたは信じますか?

「優良客は良い紙で作ったチラシで
お金をかけて配って手にするものですよ」

そう思われるかもしれませんが、
僕は無料のツールでも集客を図っています。

無料でお客さんを呼びこむことができると
ほとんどが利益になってきます。

高額の広告費も必要ありません。

無料でお客さんを呼びこむことが出来る
そんな素晴らしい方法をシェアしていきます。

 

エキテン

 

「あぁエキテンね・・・ダメでしょ」

そう思われましたか?

しかし、これを使って無料でお客さんから
問い合わせをいただいている僕はどうなるのでしょう。

僕も最初は完全に舐めていましたが
4万円近い利益が出るお宅からの問い合わせがあってから
エキテンさんと『さん付け』するようになりました。

舐めたものではありません。

しかも無料です。

有料会員になる必要はありません。

確かに、一ヶ月あたり数件というのが現実ですから
これに依存するわけにはいきません。

ただ一件単価3万円とも言われている
この出張買取で1件のお宅訪問がいかに価値あるか
あなたも知っているはずです。

印刷する紙代も配布費用もないわけですから
素晴らしい時代になってると実感できます。

ターゲット層は合っているのか?

エキテンなどのネットで調べて問い合わせ
という層は比較的、若めだと思います。

僕の経験上ですが、
エキテン経由のお客様で一番の高齢は
60代くらいの夫婦でした。

その夫婦はレコードと銅製の茶托などでした。

レコードが大量でビートルズが多かったのです。

全てを売り切って利益としては4万円を越えました。

 

この夫婦以外の問い合わせは、やはり
若めの方が多かったです。

30−40代といった年齢層が多い印象です。

この年代は良い物を持っていないので
あまり期待できません。

しかし、稀に爆発する若年層も
侮れない時がありますから
エキテンは使えます。

 

問い合わせをしてもらう為には

 

これは人から聞いた話で
エキテンの人から聞いた話でもありません。

僕も検証しているのですが
半信半疑な部分があります。

それでも書いていきますので
100%は信じないでくださいね。

 

問い合わせをもらうためには
どうしたら良いと思いますか?

例えばGoogleで検索した時に
一番上のサイトが一番見られるということは
ご存知の方もいるかもしれません。

そうなれば一番上のSEOが強いサイトが
利益が多いということになります。

エキテン内にもそういった内部SEOがあります。

当然ですが一番上にいる店が目に入りやすいです。

となると
問い合わせをしてもらえる可能性も高まります。

基本的には正会員が一番上に
来るようになっているそうなのですが
それ以外は更新順に上に来ます。

正会員には負けますが、無料会員同士の
骨肉の争いには更新したものが強いということです。

紹介文を一文字変えるだけでも写真の追加でも、
更新を頻繁にすることがお客さん獲得倍増の秘訣
ということになります。

今のところ信憑性の高い情報です。

というのも定期的に更新をしている僕は

〇〇市 x リサイクル

で無料会員の中で常に上位です。

正会員には負けてしまっていますが
あいにく貴金属類にフォーカスしたリサイクル業者なので
若干ですが、属性が異なります。

そういった意味では
正会員に負けていても十分に勝負になります。

 

登録だけでもしておく

 

このように無料でもお客さんを呼びこむことができますので
無料で登録できるところは登録しておきましょう。

例えば
ネットを使うお客さんは、どうやって探すでしょうか?

Googleで
『〇〇市 買取』『〇〇市 リサイクル』『〇〇市 出張買取』
などと検索するかもしれません。

それで上位表示された範囲で探すと思います。

その上位表示されている口コミサイトに登録をすればいいんです。

無料なら登録だけ済ませばいいです。

「正会員になりませんか?♪」という
セールスも来ますが、
「効果が見えてから」
と言って断りましょう。

一応、最後まで話を聞いてみると面白いかもしれませんね。

セールスの勉強にもなりますし、
他の競合のことも教えてくれます。

僕は神奈川県の一番問い合わせがある
業者のアクセス数と問い合わせ数を教えてもらいました。

ものすごかったです。

嘘か本当か分からんけども・・・

 

それでは登録をしてみましょう!

エキテン:
http://www.ekiten.jp/charge/advtop/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。