買取ビジネスの全体像

   2016/08/24

「買取り」と聞いてどう感じますか?

 

僕は最初とてもハードルが高いと感じていたのですが
実際に始めてみると、最初に抱いていた思いはありませんでした。

 

買取りのメリットは何よりも
仕入れの金額をある程度『コントロール』出来る点です。

 

少し極端に言えば、
1万円で売れる物でも、100円で仕入れることができます。

 

あなたがお客さんと信頼関係を築きたいと感じるならば、
1万円で売れる商品を7,000円で仕入れることもできます。

 

こういったことは大げさでなく本当に可能です。

 

そして大きな会社組織でなくとも
個人で始めることが可能です。
必要な物は、
古物商の許可(2万円程度)
PC(手書きチラシなら不要)
プリンター(チラシ印刷用)

これだけあれば始められます。
僕がこれだけで始めました。

あとは必要な物は儲かってから揃えていきます。

 

 

その他のノウハウは当サイトで解説していきますので
心配はいりません。

 

分からないことがあれば、
このサイトで調べて下さい。

 

もし、答えが見つけられなければ
「問い合わせ」をクリックして僕に直接、質問をしてください。

 

買取りは本当に素晴らしいビジネスですが、
もちろん全てが素晴らしい訳ではありません。

 

デメリットもあります。

 

例えば、お客様のお宅に訪問する形になりますので
当然ですが最低限の礼儀とコミュニケーションが
必要になってきます。

 

もしも人と話すことが苦手、という方は
恐怖を抱いていしまうかもしれません。

 

何を隠そう、僕も人と話すことが心底苦手です。

 

昔に悪いクスリに手を出していたので
その後遺症かもしれませんが、
知らない人と会うと心臓がバクバクと
緊張してしまうのです。

 

しかし、そこは稼がなくてはいけないという
情熱の方が勝ってくれているようで
なんとか現状はこなせています。

 

とにかく、口下手の僕でも
なんとかやれているので、そこは慣れというのも
必要になってくるかもしれません。

 

営業をしていた経験のある方は
このビジネスが向いていると思います。

 

その他にデメリットを挙げるのであれば、
労働がある、ということです。

 

お客様宅に訪問する労力
積み込むなどの労力
買い取った商品を売る労力・・・

 

結構、仕事が多いのが欠点です。

 

とはいえ全てのビジネスに当てはまることなので、
買取りだけが仕事が多いとは言い切れません。

 

こういったデメリットも解決するコンテンツを書いていきますので
そちらを参考にしていただくことで
こういったデメリットは薄れていくはずです。

 

とにかく買取りは利益率が50%以上は容易く狙えますので
初期投資にお金をかけられない方でも始めやすいのです。

 

さて、

「稼げるのは分かった、
しかしどうやるのかイメージが湧かないな」
という声が聞こえてきそうです。

 

ざっくりではありますが全体像を解説します。

 

集客

訪問

販売

 

この3ステップです。

 

もちろん、細分化していくと、もっと細々としてくるのですが
あくまでも本質はシンプルだということです。

 

チラシを作って、チラシを配り
問い合わせをいただいて、実際に訪問する。

 

買い取ってきて、それを販売する。

 

この作業を繰り返すだけなのです。

 

退屈なように感じるかもしれませんが、知れば知るほど
奥の深い買取ビジネスにエキサイティングするでしょう。

 

それでは、初歩の初歩からスタートです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。