自分自身を理解することが最優先

 

自分を深く知ることで
道が拓く

富澤です。

 
なぜ今まで
・成功できなかったのか
・結果がでなかったのか
お話していきます。

今日の話で
周りが見えなくなるくらい夢中
になって成功へ進むことができます。

濃い霧の中で全速力でアクセルを
踏むことが難しいように
僕とあなたは目の前の霧を
晴らす必要があります。

視界がハッキリして
進む道が分かれば
迷わずに済みます。

あなたは不思議に感じませんでしたか?

人によって同じノウハウを実践しても
結果が違います。

先生によって教え方も
教えることも違うことがよくあります。

「自分は才能がない」
「先生が間違っている?」

きっと混乱をしたり
自分を責めたこともあるでしょう…

しかし、

あなたのせいではありません。

先生のせいでもないかもしれません。

なぜなら『自分のリソース』
に添っていないことをしていた
可能性があります。

リソースとは

リソースとは簡単にいうと
資産のようなものです。

例えば、文章が得意な人は
転売よりもアフィリエイトなど
文章に関係するビジネスが
合っているといえます。

逆にコミュニケーションが苦手で
単純な作業が好きな人は
転売が合っています。

どれが正解ではなくて
自分の才能、資産が何に向いているのか?
ということを理解することが大事です。

ただ、忙しい生活の中で
自分と向き合い対話するのは
難しいことだと思います。

時間がありません。

それにどう対話をすればいいのか
分からないですよね。

例えば、自分がすべき事が分からない
というときは『ブレインダンプ』
というエクササイズをすると
やるべきことが明確になります。

そして次に重要なのが
自分のリソースの理解です。

つまり自分の長所と短所を理解して、
自分に合ったビジネスをする
ということが重要です。

これを知る方法に僕は

『2つの方法』

を試しました。

まず1つ目が、

『ストレングスファインダー』

です。

これは自分の才能に気付く
というテストが受けれます。

amazonで売っている本:
https://www.amazon.co.jp/dp/4532149479/

直でテストを受ける:
https://www.gallupstrengthscenter.com

本を買うとテストを無料で
受けることができるそうです。

僕はサイトで直接、申し込んで
テストをしました。

時間は15分程度で終わり
すぐに結果を知ることができます。

これをしてみて正直なところ
『自分の強み』が分かりました。

そして、

「あの時はなんで
あんなに力が出たんだろう」
という過去の経験に納得がいきました。

自分の強みを理解すれば
『火事場の馬鹿力』を
量産することができます。
次に2つ目のツールです。

『ウェルスダイナミクス』

です。

よく海外ドラマで犯人の特徴
プロファイリングをする場面が
あると思います。

的確に犯人像を割り出して
追い詰めていくプロファイリングです。

ウェルスダイナミクスも
プロファイルの一種です。

質問に答えていき
自分がどういう人間なのか?
ということを発見できます。

これも自分の才能、得意分野に
気付くことができました。

これからどんな学習をして
いけばいいのか理解できました。

ただ、このウェルスダイナミクスは
少々高いです。

だからストレングスファインダーで
自分の上位5個の才能を発見する
テストをしてみたらいいかもしれません。

一応、ウェルスダイナミクスのURLを

ウェルスダイナミクス:
http://jwda.org/

この2つはいずれも
『自分の才能』を理解するのに
とても役に立ちます。

数学が大好きな人もいれば
国語が得意な人もいます。

人はそれぞれタイプが違います。

だから同じ学習をしても
結果が違うのも当然のことなのです。

これを自分の得意分野に気付き
無駄のない学習をすれば
短時間で大きな結果を出すことができます。

そして『苦になりません』

自分が好きなこと
自分に向いていること
をしているときは苦痛を感じません。

すでに自分の才能に
気づいている方は幸せです。

僕みたいに自分がわからない人は
ストレングスファインダー
やってみると面白いかもしれません。

霧を晴らして進む道を
クリアにしたい時に
オススメです。
ストレングスファインダー:
https://www.gallupstrengthscenter.com/

 

富澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。