印刷費を安くする為の印刷屋選び

 

富澤です。

 

最初は家にあるインクジェットのプリンターでOKです。

ただ、反応率が取れるチラシを発見したら、
そのチラシを大量に刷ってコストダウンするのも
効果的な方法です。

売上を上げることも大切ですが、
経費をいかに削減していくのかも
重要なタスクです。

そこで僕が実際に使っている印刷屋さんを
公開します。

使い勝手と安さで選んでいるのですが
もしかすると、もっと安い場所はあるかもしれませんので
100%の鵜呑みをしないでください。

お家のプリンターの限界点

その前に、冒頭でも言いましたが
最初は家のプリンターで十分です。

僕も家のプリンターを何時間も稼働させて
数千枚を刷って、半分に折って配りに行きました。

どっち側に折ればキャッチコピーが見やすいか
どうポストに入れればキャッチが目につくか
そんなことも考えながらに配っていました。

何パターンかをテストしていると
明らかに反応が良いチラシが分かってきました。

それで始めて『印刷屋』に注文をかけました。

印刷屋さんに依頼するメリットは
チラシの質が上がります。

コート紙といってツルツルの紙に
しっかりと印刷をされてきます。

雨に濡れて印刷が滲む
という問題がなくなります。

当然ですが、お客さんも読みやすくなりますので
そういう部分でもメリットがあります。

ネットが今のところ最強

あなたは近所の家電量販店に行ったことはありますか?

「高いな」と感じてamazonなどで価格を見たことはありませんか?

最近はネットの方が安いということが
一般常識になっています。

ですから僕も印刷はネットで注文をしています。

話が逸れますが、

近所の家電量販店には家電量販店のお客さんがいます。
amazonにはamazonのお客さんがいます。

つまり、それぞれ同じ物でも
ちがうお客さんが存在するということなのです。

実店舗の場合だと『触って確認して欲しい』
という方がお客さんです。

ネットの場合は『安ければOK』
という方がお客さんです。

僕みたいなネットで何でも買ってしまう人間は
実店舗で触ってネットで買えばいいじゃんと
思ってしまうのですが、店員とのコミュニケーション
を楽しんだりする人もいるようです。

それに、ネットで買うという常識がない
もしくは買えないという人もいます。

僕達の買取事業も大手の◯◯オフとか
貴金属の買取大手がいたりましますが。

それはそのお客さんです。

僕達には僕達のお客さんがいます。

僕たちは大手と違って
『人間味』『人間臭さ』を全面に出したほうが
お客さんから信頼されることになります。

逸れてしまいましたが、
戻していきたいと思います。

僕たちはビジネスマンですから、
安さと品質はとても大事です。

安さの要素でいうと、ネットの印刷屋が
抜きん出ています。

僕が実際に使う印刷屋:
プリントネット

ここをメインで利用しています。

 

印刷を依頼する際も、
まずは高くても少量を印刷していきましょう。

いきなり数十万枚も刷ったりしないようにしましょう。

常に反応率を上げるために
小さな仕掛けでテストを敢行しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。