昭和天皇御即位 〜10万円金貨の種類について〜

 

富澤です。

 

先日、10万円金貨を買取る機会があって
興味深い事実を知ったのでシェアをしていきたいと思います。

この『事実』を知らないままにしておくと
大金を損してしまう可能性があります。

逆に10万円金貨について知ることで
買うときも売るときもスムーズに現金化ができます。

10万円金貨には種類がある

ここでは昭和に発行された昭和天皇の御在位の金貨について
書いていきます。

簡単にいうと、この金貨は10万円の硬貨なんですが
やっかいなのは純金で「金(きん)としての価値」があるんです。

平成28年の10月現在でK24は約4,300円くらいで売れます。

そうすると重さによっては10万円以上になる可能性も秘めています。

実際に10万円金貨は20gと30gの2種類があります。

天皇陛下(今上天皇)御即位10万円金貨=金の重量30g

天皇陛下(昭和天皇)在位60周年記念10万円金貨=金の重量20g

という感じで違いがあります。

見分け方は硬貨の模様が違いますから
一目瞭然です。

30gですと約129,000円の価値があります。

20gだと86,000円の価値です。

もし30gの方に出会う機会があれば
買取を頑張る価値はあるでしょう。

しかし、

20gの方と出会ってしまうと・・・
ちょっと微妙です。

20gの方を買い取ったら銀行で額面通りに交換が無難ですが
30gの方を買い取りしたらヤフオクなどで売るほうが良いかもしれません。

銀行に持っていっても10万円なので、
それであれば金としての価値を円に換算して方が良いのです。

ただ法律だったかで、この硬貨を溶かして
金そのものにすることはNGだったはずなので
ちょっとややこしいです。

 

もし、金貨に出会ったらこのことを覚えておきましょう。

 

富澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。